女性

一度使えば実感できるわきがクリームの消臭効果|最適な美肌化粧品

出産にまつわる肌の変化

妊婦

メカニズムを知ろう

妊娠時に気になるのが妊娠線です。何故妊娠線が出来てしまうのかといいますと、急激に皮膚が伸びるためです。妊娠初期は体型の変化は特に感じられないかもしれません。しかし安定期以降、徐々にお腹が大きくなり、臨月には元のサイズの2倍弱まで膨れることも珍しくありません。お腹が大きくなるということは、その分皮膚も伸びます。出産した後は、子宮の中にいた胎児、そして羊水や胎盤などすべて排出されますので、お腹は小さくなりますが、伸びきっていた皮膚に関してはすぐには元に戻りません。それどころか、急激に皮膚が伸びた事によって妊娠線の存在が目立ってしまうでしょう。個人差はあるのですが、前もってクリームなどでケアすれば防ぐことも出来ます。

予防の行い方

妊娠中は胎児や胎盤、そして羊水だけではなく、産後のための体力温存としても脂肪が付きやすくなります。標準体型の方ならば10キロ前後は体重が増えます。急激な体重増加も妊娠線を作るキッカケになってしまいますから、妊娠中は体重をしっかりとコントロールしましょう。急激に皮膚が伸びることによって皮膚組織の一部のコラーゲンなどがその伸びに対応しきれずに断裂してしまうので、十分な保湿が妊娠線の予防には大切でしょう。クリームをたっぷりと塗って保湿を保つことが鍵となります。専用のクリームやオイルなどを使用してケアを行えばある程度防ぐことは出来ます。クリームによって効果にも差が出ますから、口コミなども参考に選んでみましょう。